FC2ブログ

記事一覧

イタリア旅行記 その2

こんにちは。ねこまるです。

イタリア旅行2日目です。
辿ったルートはこんなかんじです・・・。
20180805202411111.jpg
黄色いが滞在先のホテルです。
まずはテルミニ駅から地下鉄に乗り、ヴァチカン市国へ行きました。入国(?)にパスポートは不要です。

まずはヴァチカン博物館へ。






20180805192058aae.jpg
凄まじい行列です。

午前9:00に開くのですが、私が到着した1時間前には、既に入り口から2km近くの行列ができていました。
それもそのはず・・・。
この日(7/29(日))は月の「最終日曜日」で、入場料の16ユーロ(約2000円)がタダになるのです。
これを狙って行ったわけではありませんし、お金で来場を決めたわけではない方も多いかと思いますが、それにしてもスゴイ人です。
しかし9:10頃から私のいるところの列も動き出し、30分ほどで入れたのはとても助かりました(朝からとても暑いのです💨)。
行列のあまりの長さから、4~5時間待ちは覚悟しましたから(^^;)

中に入ると、まずは古代エジプトの遺品がお出迎えしてくれます。
201808051920594a8.jpg
こちらはローマ教皇グレゴリウス16世という方が、1839年に創設されたそうです。
20180805192100b64.jpg
ネコさんもいらっしゃいます(笑)

続いてアッシリアの品々も。
20180805192101b7e.jpg
サルゴン2世(位前722~705)に関する碑文ですね。イスラエル王国を征服し、シリア・エジプトにも進出しアッシリアを大帝国に育て上げた立役者です。
続いて古代ギリシャ~ヘレニズム期の有名美術品の数々・・・
20180805193731b3f.jpg
デルフォイの神託
で有名なアポロン神

201808051921024db.jpgラオコーン

20180805192104238.jpg
アテネ民主政の黄金期を担ったといわれるペリクレス
様までいらっしゃいます。
・・・15期連続で将軍(ストラテゴス)職に当選するという大人気ぶりですが、公職選挙法などもない当時、実態は選挙民への接待・贈賄などやりたい放題でした。当時はそれが悪いことではなかったのです。彼はとてもお金持ちだったのですね。
挙句の果てに、人気取りのためにパルテノン神殿
parutenon.png
の再建を考え、その資金にアテネが盟主となっているデロス同盟のお金を流用します。これが同盟諸ポリスの怒りを買い(そりゃそうですw)、後に泥沼のペロポネソス戦争(前431 -前404)につながります・・・orz


個人的に圧倒されてしまったのは↓「地図のギャラリー」です。両側の壁に各地の地図が描かれているため、こう呼ばれています。
20180805192106be7.jpg
全長120m、幅6mの回廊で、スゴイ豪華さです。ビックリしました。

そしてイタリア・ルネサンス絵画の巨匠、ラファエロの間へ。
201808051921070fa.jpg
アテネの学堂」です。
改訂版『詳説世界史研究』の表紙にもなっていますw
詳説 改訂版


中央左がプラトン、右がアリストテレス
この世のものは天の神が創造した「イデア」の影であるとしたプラトンは空を指さす一方、この考えを受け入れず、地上に実在するものを客観的に研究することが哲学者の役割であるとして、諸学問を体系的に分類したことで「万学の祖」と言われるアリストテレスは地上を見ろ、というような姿をしています。
右下の方にラファエロの自画像も描かれていますね。
こちらを向いている、赤い服の人物です。
20180805195024c86.jpg

そしていよいよシスティーナ礼拝堂へ・・・。
写真撮影は禁止なので、撮影はしませんでしたが・・・
腰かけられるところもあったのでしばらく時間を過ごしてしまいました。
(写真はネットからいただいてきたものです)
sisuthina.png
正面には「最後の審判
saigonosin@an.jpg

tenntisouzou.png
天井には「天地創造」など数々の絵が・・・

詳しい方もいらっしゃるかと思いますが、これらは「フレスコ画」で、建物建設の際、壁に漆喰を塗り、それが乾くまでの間に描くという、大変な集中力と、ミスが許されない厳しい作業が必要とされるものですが、これらの絵画を描き切ったところがさすがは天才ミケランジェロ
さすがの彼も、疲れ果てたらしく
mikeranjero.jpg
抜け殻のようになってますね(笑)
「最後の審判」の中に描かれています。

外へ出て、サン・ピエトロ大聖堂拝見に向かいます。
イエスさんの一番弟子で、ネロ帝(位54~68)によって処刑されたペテロさんの眠る寺院であり、ローマ=カトリックの総本山ですね。
20180805192109404.jpg
内部も見事です…。
san.jpg


続いて地下鉄とバスを乗り継ぎ、
カタコンベへ。
20180805202411111.jpg
ローマ帝政期を中心に断続的に行われたキリスト教徒弾圧から逃れた人々が地下に建設したという居住区跡です。
居住施設・通路の総延長はなんと20kmにも及ぶということです。
内部は残念ながら撮影禁止のため写真は撮れませんでしたが、その規模の大きさにはとても驚きました。
thGME8HALN.jpg
↑ネットからいただいた写真ですが、こんな感じでした。
地下墓地に勝手に入ることはできず、20人程度に1人のガイドさん同伴です。
本当に地下で迷ってしまい、出てこられなくなる人がいるからだそうです(;゚Д゚)

アッピア街道
th1REP042G.jpg
確かに南東方向へ向かって石畳が敷かれています。
thT3CS39BK.jpg

カラカラ浴場
初の属州出身皇帝を実父(セプティミウス=セウェルス)にもつカラカラ帝(位211~217)です。
20180805200713cfe.jpg
父の配慮で五賢帝最後のマルクス=アウレリウス=アントニヌス(位161~180)の養子となったため、本名は慣例上養父と同じ(マルクス=アウレリウス=アントニヌス)です。なので212年に彼が属州を含めた、全自由民に市民権を与えた法令を「アントニヌス勅令」といいます。
これが原因となって、軍人皇帝時代に突入していくことはご存知の通りですが…orz
カラカラとは、彼が好んで身に付けていたゲルマン風の衣装を言います。
彼も属州でゲルマン人の多いガリアの生まれですからね。

それにしてもこのカラカラ浴場跡・・・とにかくデカいですΣ(・□・;)
20180805200713a2c.jpg
古代ローマが最も繁栄したというパクス=ロマーナの時代は、アウグストゥスの時代から、養父マルクス=アウレリウス=アントニヌスの死までとされていますが、カラカラ帝の時代もまだまだ、属州からの豊富な税収などによってこうしたものも建造することができたのでしょう。

コロッセオ&コンスタンティヌス帝の凱旋門
20180805200713c16.jpg
ローマを訪れた観光客に一番人気なのがこちらだそうです。
剣闘士の試合や、場合によっては水を張って船を浮かべ、ミニ海戦のような戦いを行い、ギャンブルの役割も持ったので人々は熱狂したといいます。
ただ、このコロッセオは完成が80年なので、有名な剣闘士スパルタクスとは無関係です(スパルタクスの反乱は前73年)。
201808052007139e9.jpg
コンスタンティヌス帝の凱旋門はすぐ隣です。

2日目はこんな感じでした。
暑い日が続く中歩き回っているため、皮フの色がどんどん濃くなっていっています(笑)
ですがとても楽しい1日でした。

食事もとてもおいしいです(^◇^)
4~5日の滞在だったこともあり、日本食が恋しいとも思いませんでした。
特に野菜の味が濃いというか、野菜本来の味がする気がします。
日本の野菜は農薬などをたくさん使っているからでしょうか、いい意味での生臭さのようなものがない気がします。
まあ、そんな高級店で食べたわけではないですけど。

次回に続きます・・・。

いつもお読みくださりありがとうございます。

ねこまる
スポンサーサイト

コメント

No title

ねこまるさん、こんにちは。
私は今夏休み中で、昨日まで旅行に行っていましたよ。東北の八幡平、奥入瀬、八甲田、岩木山などのほか、白神山地にも行きましたので、これで国内の世界遺産20件目を踏破できました^^v(まだ行っていない世界遺産は屋久島と小笠原諸島です)

さて、今回のねこまるさんの旅行記の中で私が行ったことがあったのは、サン・ピエトロ大聖堂、コロッセオ、アッピア街道ですが、意外と近くにあったのに行っていないところが多かったのに気づかされました^^;
ヴァチカン博物館って、こんなに凄いものがたくさんあったのですね!超一級品が勢ぞろいといった感じですね。
サン・ピエトロ大聖堂の「ペトロ」は日本語にすると「巌」という意味だと当時の現地ガイドさんが教えてくれたのを思い出しました。あとバチカンの国旗の「2本の鍵」の彫刻の説明、カラフルなスイスの衛兵の記憶もありますね。

それにしてもねこまるさんの解説は素晴らしく、勉強になります。

次回以降のブログも楽しみにしています♪

No title

「ペトロ」→「ペテロ」でしたね^^;

しゅうしゅう様

こんにちは。ねこまるです。
コメントありがとうございます。
東北の山々はいかがでしたでしょうか。
涼しそうですね〜(^^)
とても賢明な旅行先の選択かと…。
充実したお休みを過ごしておられるようで、何よりです。
私は月末は西日本への旅行を計画中です。
(暑そうですが…)
8月もまだまだ暑い日が続くようですがご自愛下さい。
ねこまる

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこまる (tms358)

Author:ねこまる (tms358)
歴史能力検定の日本史1級に8度、世界史1級に4度合格しています(2018年1月現在)。
普段やっていることなどをつらつら書いています。
宜しければ読んでみてください(^^)

本題とは無関係ですが、ねこ、うさぎが好きです。
今はいませんが、いつか
一緒に暮らせたらいいなと思っています。

※画像のうさぎは歴検と何の関係もありません。
 以前一緒に住んでいたうさぎのイメージでございます(スミマセン)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者数 2018.6.10〜