FC2ブログ

記事一覧

イタリア旅行記 最終日 

こんにちは。ねこまるです。

イタリア旅行も最終日です・・・。
無事に帰国できたときはちょっとほっとしました(^^)
kikoku.png


7/30(月)
↓こんな感じで回りました。
2018080521492543c.jpg
スペイン広場
 20180805215224961.jpg
250px-Barcaccia.jpg
 近くにスペイン大使館があることからこの名が付いたんですね。
 スペイン広場といえば、
eiga.jpg
映画『ローマの休日』でオードリー=ヘップバーンさんがこの階段でジェラートを食べるシーンというのが有名なようですね。
(私は観たことありませんが💦)
トレヴィの泉
thCDKKUB9C.jpg
 イタリア最大のバロック期の噴水だそうで、大混雑です。
 イタリアに来て思ったのは、何だか芸術に関する人々の気合が日本とは違うということです。
 ミケランジェロやダ=ヴィンチ、ラファエロらの巨匠の名前を出すまでもなく、不朽の名作の数々や壮大かつ華麗な建築物など・・・。それは世界遺産数世界一位(2018年8月時点で54件;2位は中国の53件)というところにも表れている気がします。
 ※世界遺産には人間が生み出した「文化遺産」と地球が育んだ「自然遺産」がありますが、イタリアの文化遺産数は48件に及び、これは文化遺産数2位のドイツ、スペイン(41件)を大きく引き離して世界1位です(ちなみに中国の文化遺産数は36件)。
 イタリア人は全般的に「自分を表現したい」という欲求がことのほか強い人たちなんでしょうか?
 本当に、いたるところに落書きがあります(これは違うか…)
20180807232401e3a.jpg
<br /> 経済レベルはドイツなどと比べるとだいぶ見劣りしますが、芸術に関しては一流なのかなあ…なんて思ってしまいました。<br />③<span style=パンテオン
20180805215226c21.jpg
 これもスゴイ大きさです。
 アウグストゥスと側近のアグリッパが建設したものを、五賢帝の3人目、ハドリアヌスが再建したとのことです。
hadorianusu.png
ハドリアヌスさんはいわゆる「建築マニア」として有名ですね。自ら建物の設計図を書いてしまうこともよくあったとか。
彼が建設を指示したという、イングランドのスコットランド人の侵入を防ぐための城壁も著名です(ハドリアヌスの長城)
kabe.png

 パンテオン=「万神殿」:あらゆる神を祀る場所、ということですね。
前回の記事でちょっと登場したギリシアの「パルテノン」神殿と区別がつかない、という受験生が多いようですが(笑)
parutenon.png
中に入ると、
20180805215229685.jpg
巨大なドーム状建築です。
どこかの観光客の女性が「incredible!!」
と一言おっしゃっていたのが印象的です(笑)
私もただただスゴイ・・・としか思えませんでした。

7世紀初めにはキリスト教の聖堂とされ、ゲルマン人らによる破壊などから免れることができたといいます。

パラティーノの丘フォロ=ロマーノ
「パラティーノの丘」は、歴代ローマ皇帝がこの地に宮殿(パラティウム)を建設するなどしたことから、こう呼ばれているとのことです。
20180807234344de2.jpg
↑大浴場跡(ちょっとコワくなるくらい、メッチャ高いです。)
20180807234345e65.jpg
さすがに見晴らしがいいですね。上から「フォロ=ロマーノ(ローマの公共広場(=フォロ)」を眺めたところです。
フォロ=ロマーノはローマの政治・行政・司法を担う施設が密集する、ローマ帝国の中枢としての役割を担った場所です。この点は今年の慶応大の問題にも出題されました。教科書では言及がない部分です。出題者の教授先生もローマに旅行に行かれたのでしょうか(笑)
かの有名な元老院庁舎↓(再建されたものだそうですが)
20180807234345b95.jpg
他にも
2018080723434371b.jpg
セウェルス帝(カラカラ帝の父)の凱旋門などもあります。
どれもスゴイ大きさです(*_*)

続いて見に行ったのがティベル川・・・。
建国当初から、ローマを間近で見てきたこの川沿いをのんびりと歩いてみたかったので、1時間程度かけて歩きました。
20180807235615389.jpg
20180807235616b10.jpg
イタリアの川って、どこもたいていこんな感じの色で、濁ってます。日本と比べて降水量がだいぶ少ないからでしょうかね。

途中、予定にはなかったのですが思わず入ってしまったのがコチラ・・・↓
201808072359215d4.jpg
シナゴーグです。
ユダヤ教の神殿ですね。地図などには「大神殿」と表記されています。
20180807235922dc6.jpg
20180807235923a09.jpg
ユダヤ教関連の建物には初めて入りました。
この周辺は、中世にユダヤ人居住区とされていたそうです。

ユダヤ教徒の皆さんといえば、
kippa.png
こんな感じの被りもの(キッパといいます。)を頭にのせている方が多いですが、
これはキッパを頭にのせることで、神の存在を意識するためだそうです。
特にイェルサレムの嘆きの壁に参拝する際は、異教徒も含めて男子は全員こちらを頭にのせるそうです。
トランプ大統領のイェルサレム訪問↓
tramp.jpg
は記憶に新しいですよね。キッパをかぶってますが、彼(ピューリタン)はユダヤ教徒になったわけではないんですね。
娘さんのイバンカ氏は旦那のクシュナー氏がユダヤ教徒なので自分も改宗したそうですが。
ifanka.jpg

ちなみにこんな帽子をかぶっている方々も・・・
seitou.jpg
彼らはユダヤ教徒の中の「超正統派(ハレーディー(ム))」と呼ばれる方々で、主に東部ヨーロッパに由来する伝統的な形態を保持し、律法を厳格に守り続けています。ユダヤ教の最右派にあたり、イスラエル人口の10%近くが信仰しているといわれます。彼らは何と、イスラエルの建国自体も認めていません。建国は救世主(メシア)によって行われると信じているからです。
ユダヤ教徒も一枚岩、というわけでもないのですね・・・。

ティベリーナ島
2018080922191369b.jpg
「ティベル川の島」とそのままの名前ですね。
歩いている途中にあったので、立ち寄ってみました(^^)
こちらの島には紀元前3世紀に医療の神アスクレピオスの神殿が建設され、16世紀に建設された病院が今なお運営されているという、いわゆる「医学の島」だそうです。
川の中に島があるという珍しい地形なので、もしかしたら周辺の人々も、昔からパワースポットのような、ここにくると病気も治ってしまいそうな特別な雰囲気を感じていたのかもしれませんね(^^)
201808092219474f0.jpg
↑こちらの橋は古代ローマ時代から使われているそうです。

この日は朝7:00過ぎから歩き回っていたのでここまで見ても、まだ午後3:00過ぎ・・・。

時間があるので裏道や土産物屋などをプラプラのぞいたりしながら、のんびりしつつ宿泊先のホテルがあるテルミニ駅まで戻りました。

シャワーを浴びて、近所のレストランでガッツリと食事をとり(笑)
・・・食事のときは、一人でお酒も飲まず(飲めません)にひたすらガツガツ食べていました。
前菜、メインに加えてピザまるまる1枚と、肉料理+ドルチェを別に頼んで一人で食べてしまったので、お店の人に「お腹いっぱいになった?」みたいなことを言われて笑われてしまいました(笑) だって、おいしいんですもの・・・( *´艸`)
ホテルに帰ってテレビをつけても何を言っているのか全くわからないのでw、すぐに寝てしまいました。

7/31(金)
早く寝たので早く起きることができ、午前5:00(日本時間午後12:00)に私にとって重要なイベント、世界遺産検定の合格発表をすぐに確認することができました。
以前お伝えしましたが、ここで合格を確認して、気分よく帰路につくことができました(*´з`)

帰りは出発が15:15と微妙な時間でしたが、幸いほとんど寝て過ごすことができたので、往きのように時間を持て余すこともなく、あっという間のフライトでした(^^)出発を寝られる時間に合わせれば、時間を持て余すこともないんですね・・・。
(イビキなんかかいて周りの人に迷惑がかかっていなかったか気になりましたが・・・)

こんな感じのマイペースな旅行でしたが、とても楽しいものになりました。
特に病気やケガもなく、犯罪などのトラブルに巻き込まれることなしに済んだのは本当にありがたかったです。

反省点としては、もう少しコトバ(イタリア語は無理でも英語)を勉強しておけばよかったということです。
博物館などでは音声ガイダンスの貸し出しもあり、日本語は皆無で仕方なく英語で聞くこともあったのですが、残念ながら半分も理解できませんでした。
イタリア語に至っては「ボンジョルノ(こんにちはおはようございます※)」、「グラッツェ(ありがとう)」しかわからないという体たらく・・・orz
無事に帰ってこれたので結果オーライでしたが、トラブルなどに巻き込まれたらかなり痛い目にあっていたようにも思います。
※すいません、間違えました・・・(+_+)(2018.8.18訂正)
今回、海外旅行の楽しさを知ってしまったのでw、来年も行ってみようと思います(^^)
なので英語も少しマジメに勉強しようかなと(^^;)

訪れてみたい順に、イスタンブル≻エジプト≻サマルカンド≻シチリア島です。
「文明の交差点」に関心があります。

長い旅行記になりましたが、お付き合いくださりありがとうございました。

次回は「問題編」ですので、ぜひやってみてください。

ねこまる
スポンサーサイト

コメント

No title

ねこまるさん、こんにちは。
スペイン広場、トレビの泉は私も行きましたよ。「ローマの休日」のロケ地めぐりは今でも人気のようですね。ただし、その辺りはスリが多いそうですよ。何事もなく無事に帰れたのは何よりだったと思います^^;
イタリア料理はボリューム満点ではなかったですか?私が行ったときはツアーでしたが、添乗員さんのお話では、イタリアではパスタは前菜にあたり、その後出てくる肉料理などがメインディッシュなのだとか。私を含むツアー仲間の多くが半分以上も残してしまっていて、もったいなかったことを覚えています。ねこまるさんは食事も満喫できてよかったですね\^-^/
そして、世界遺産検定マイスターの合格!それを確認でき、ぐっすり眠れての帰国はいいですよね~^^

イタリア旅行記、お疲れ様でした。次回の問題も楽しみにしていますね。

しゅうしゅう様

コメントありがとうございます。
ねこまるです。

イタリアでは食べ過ぎましたが、太らなかったのは幸いでした(^^)
毎日ヘロヘロになるくらい歩きましたからね…それにしてもイタリアも暑かったです(^_^;)
すっかり日焼けしてしまい、月末は西日本旅行もあるのでまた黒くなりますorz
休み明けに皆さんから「どこで遊んできたんだ」って言われるのは確実です(笑)
遊んできたわけじゃないんですけどね!

そんなこんなで早くも8月も折り返しですが、今月の予定が終わらなそうな気配マシマシなのでガンバります(^_^;)

ねこまる

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこまる (tms358)

Author:ねこまる (tms358)
歴史能力検定の日本史1級に8度、世界史1級に4度合格しています(2018年1月現在)。
普段やっていることなどをつらつら書いています。
宜しければ読んでみてください(^^)

本題とは無関係ですが、ねこ、うさぎが好きです。
今はいませんが、いつか
一緒に暮らせたらいいなと思っています。

※画像のうさぎは歴検と何の関係もありません。
 以前一緒に住んでいたうさぎのイメージでございます(スミマセン)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者数 2018.6.10〜