FC2ブログ

記事一覧

同じミスをしないために、やっていること

こんにちは。ねこまるです。

私が歴検合格のための勉強として使用しているものは、
基本的に
①詳説日本史研究
②『入試に出る日本史B用語&問題2100』(Z会)
③過去問
④ミスしたところを記録したノート
と以前書きました。

このうちの④「ミスしたところを記録するノート」
がどんなものなのか、説明がほしいとのご意見を頂戴しましたので、
ご紹介します。

私が日本史1級の受検を始めた2008年から2013年くらいまでは
問題をやって間違えた場合、その問題文と解答を
ノートに記録していましたが、冊数が20冊(!)を超えてきて、
これを毎年読むのも保存するのも大変なので、

IMG_20171209_112454.jpg

のようなペーパーに切り替えました。
(写真は、2016年の過去問でミスしたところを書いたものです)

それまでのノートに書いてあったものは、
このペーパーに転記しました。

内容としては、左側に間違えた問題、正誤の判別ができなかった選択肢の文章を
書きます。
最初に「〇×」とあるのは、正誤の判定をする問題(4肢択一問題のうちの1肢)
であることを示します。
4肢択一問題のうち正誤の判定ができなかったものを、
○×形式の問題として何度も繰り返しできるようにするのです。

右側には短答式であれば、その解答や
選択肢の〇×(特に×の場合は
その部分の正解などを簡単に書いておきます。)
を記入します。

このペーパーは、問題演習や検定時に、
自分のアタマに入っていなかった知識の問題集になります。

これを検定までに何度かやって間違えないようにすれば、
過去にミスした部分を正しく頭に入れることができます。

過去問や問題集を全て初めからやっていく手間が省ける
というメリットもあります。

歴検1級では過去問と同様の問題が出題されることは
珍しくなく、また同じミスをしなくなるということは
正しい知識が蓄積されるということでもあります。

これは毎年、必ず検定前に全てできるようにしています。

参考になれば幸いです。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこまる (tms358)

Author:ねこまる (tms358)
歴史能力検定の日本史1級に8度、世界史1級に4度合格しています(2018年1月現在)。
普段やっていることなどをつらつら書いています。
宜しければ読んでみてください(^^)

本題とは無関係ですが、ねこ、うさぎが好きです。
今はいませんが、いつか
一緒に暮らせたらいいなと思っています。

※画像のうさぎは歴検と何の関係もありません。
 以前一緒に住んでいたうさぎのイメージでございます(スミマセン)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者数 2018.6.10〜