FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 日本史1級(4度目)①

こんにちは。ねこまるです。

2013年12月1日(日)、4度目の日本史1級合格をかけて
受検してきました。
今回は検定終了後、「日本史修士」の授賞式に参加させていただく
ことになっていたので、何としても合格点を取って式に臨みたかったので
気合が入りました。
不合格かも・・・なんて気持ちで出席したくないですから(笑)

初めて東京の会場で受検しましたが、さすがに今までで一番受検者が多かったです。

テストはいつもどおり終了3分前くらいに終わり、
転記ミスがないか確認して終わりです。
結果、短答式3問、4肢選択問題2問ミスで論述満点なら85点、0点でも69点と
合格は確保できて安心です。

ちなみに、試験終了5分前の合図のときに、
受検者の間から「ええっ?」というどよめきが起こりました。
おそらく「もう終わり?時間が足りないよ!!」
ということではないかと思うのですが、

以前にもお伝えしたとおり、検定問題には

20171217101115434.jpg


のような長い前書きがあります。
しかし、これを検定時間中に読んではならないと思います。
時間が足りなくなるからです。
私はこれには目もくれず、すぐに問題に取り掛かります。

「下線部①について~以下の問いに答えよ」
なんて書いてありますが、その時に該当の下線部分を見に戻れば
いいだけで、実際には下線部分すら見なくても、できる問題も多いです。

本番で時間が足りなくなってしまった方の多くは、
もしかしたらこうした「前文」など問題を解くうえで必ずしも
必要のない部分まで丁寧に読みすぎてしまったのではないかと思いました。

でも、この長い「前書き」はためになることが書いてありますので、
検定終了後に読むことをおススメします。

↓ポチッと押していただければ幸いです。皆さんの応援が大変励みになります。

歴史ランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこまる (tms358)

Author:ねこまる (tms358)
歴史能力検定の日本史1級に8度、世界史1級に5度合格しています(2019年1月現在)。
普段やっていることなどをつらつら書いています。
宜しければ読んでみてください(^^)

本題とは無関係ですが、ねこ、うさぎが好きです。
今はいませんが、いつか
一緒に暮らせたらいいなと思っています。

※画像のうさぎは歴検と何の関係もありません。
 以前一緒に住んでいたうさぎのイメージでございます(スミマセン)

ご来場者数 2018.6.10〜

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。