FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都旅行記

こんにちは。ねこまるです。

3月末に京都に旅行に行ってまいりましたので、ご報告いたします。
京都を訪れるのは人生で4度目です。
中学3年の修学旅行、社会人1年目、2013年(37歳のとき)、そして今回・・・。
最初の2回はどこに行ったのかほぼ覚えていません(苦笑)
2013年はサラリーマンを辞め、奈良を1週間回りました。京都へはその帰りにちょっと立ち寄っただけで、駅から近い東本願寺を拝観しただけでした。
なので今回が実質初めての本格的な京都巡りという感じです。

日程はこんな感じです。
3/27(火)夜10:55出発
(深夜バスで移動)
3/28(水)朝6:30頃京都駅到着
    →宿泊予定のホテルに荷物を置かせていただいて(ありがたい!)、出発です!
※青字は世界遺産「古都京都の文化財」構成資産
①伏見稲荷大社
平等院
醍醐寺
④東福寺
⑤万寿寺
⑥泉涌寺
教王護国寺(東寺)

3/29(木) 
西本願寺
②京都御所
③本能寺跡
④大徳寺
⑤北野天満宮
鹿苑寺
龍安寺←青字にするのを忘れてしまいましたので訂正します。しゅうしゅうさん、ご指摘ありがとうございます!m(__)m(2018.4.3追記)
仁和寺
天龍寺
⑩清凉寺
⑪大覚寺

3/30(金) 最終日です !
①豊国神社
②大谷本廟(司馬遼太郎さん墓参)
③六波羅蜜寺
④建仁寺
⑤八坂神社
⑥知恩院
⑦青蓮院門跡
⑧南禅寺(+金地院)
慈照寺
⑩相国寺
→夜9:10 京都駅発
(深夜バスで移動)
→3/31(土)朝4:40 地元着

こんな感じでした。
4泊5日(旅行会社的にはホテル泊のみを宿泊とカウントするので2泊5日というそうですが)で実質3日間、
京都をまわることができました!

今回は初めてこちらを購入・・・。
91ukYOl2I3L__UL1500_.jpg

アマゾンで6980円でした。本当にたくさん入りますね~。まだ1回目の使用なので耐久性はわかりませんが、とても軽くてよかったです。
7月のローマ旅行もこちらに活躍してもらいます(^^)

移動は深夜バスという、人生初の試みです。
500km近い道のりを約8時間、費用は格安の16,560円(往復)です(・□・;安っ)
新幹線など鉄道を利用した場合の約半額です。
価格の安さもさることながら、寝ている時間を移動に使える、というところで決めました。
座席シートは3列独立で、隣の方と密着、ということはないのですが、
20180331143125ff0.jpg

体のサイズが大きめな私は足を伸ばすこともできず、かなりキュークツな感じで、ちょっとツラかったです・・・(´;ω;`)
↓こんな感じのバスも世の中にはあるそうで、
20180331143122577.jpg

このタイプの深夜バスだったら、新幹線の費用よりかかっても利用したいですね。
そしてアイマスクと携帯まくらも初使用です。耳栓までセットになっていてありがたかったです(^^)
(アマゾンで2030円)
715r2Ii1JxL__SL1500_.jpg

朝6:30ころ京都駅に到着後、初日にまわったのは再掲しますと
①伏見稲荷大社
平等院
醍醐寺
④東福寺
⑤万寿寺
⑥泉涌寺
教王護国寺(東寺)
でした。
(青字は世界遺産)
↓地図で見るとこんな感じです(数字は訪問した順番です。黄色いマルは宿泊したホテルの位置です。)
201804021222009f9.jpg


伏見稲荷大社
ホテルに荷物を置いて直行したのがこちら・・・。
個人事業を営む私は地元の稲荷神社さんにご縁があり、その総本宮である伏見稲荷大社さんにお参りした次第です。
お稲荷さん(稲荷大明神)は五穀を司る神、宇迦之御魂神(うかのみたま)が稲の神・稲荷神と同一視されて現在に至り、もともとは京都付近に地盤をもった渡来系氏族の秦氏の氏神だったそうです。いわゆる「商売繁盛」の神として著名ですね。
ちなみに、境内に隣接する東丸神社は国学者として有名な荷田春満さんを祀っています
国学の大家、ということで学問の神様とされています。
ご本人も伏見稲荷さんの神職でいらしたというのは今回初めて知りました。
さて、有名な「千本鳥居」・・・って、ものすごい数の外国人観光客です。
20180402131316a5e.jpg
どこの国に来たかと思ってしまうほどでした(笑)
中国人が一番多いかなと思いましたが、コーカソイド系(白人)の方が最も多かったです。どう見ても半数以上が外国人です。
平日でこの混みようですから、土日にはこれに日本人が加わるのでしょうか(笑)
大人気ですね。日本の神様は懐が深そうですから、きっと他宗教の方にもご利益をもたらしてくれるのでしょうね(^^)

もっとも、神社・仏閣は何かをお願いする場所ではなく、神様に感謝の気持ちを伝えるところです(←ココ結構重要だと思います)。私もひたすら日頃の感謝をお伝えしてきました。

1時間20分かけて山頂233m地点まで伺って戻ってきました。暑い日でしたが、山頂に近づくほど空気がひんやりしてとても気持ちがよく、見晴らしも良かったです(^^)
平等院
もはや私が語ることもない有名すぎる寺院です。
201804021313175be.jpg

平家との決戦に敗れた源頼政がこの地で自害したことや、室町期に国人が集会を開いたことでも知られていますね。
醍醐寺
20180331234255bd1.jpg

平安期、延喜天暦の治で著名な醍醐天皇の諡号はこの寺院名からという、厚く帰依をされたことで有名な寺院です。
また、豊臣秀吉が晩年(1598年)、一族と側近だけでお花見を行ったことでも知られています(「醍醐の花見」)。国宝でもある三宝院表書院は応仁の乱で焼失しましたが、秀吉の援助で再興されました。
「醍醐の花見」は、秀吉が朝鮮出兵の実施や甥の秀次を切腹に追い込み、その妾数十人を惨殺させるなど、晩年の秀吉の暴君的側面が顕在化した状況の中行われたもので、広く民衆まで参加させた1587年の「北野の大茶会」とは対照的に、厳戒のもとで実施されました。やっぱり権力の座にいると、人間おかしくなってしまうものなんでしょうかね…。
それにしても、拝観料が1500円というのには軽く吐きそうになりました(-_-;高~い)
他は基本的に400~600円のところがほとんどでしたからね…。
東福寺
京都五山第4位の禅宗寺院です。
驚いたのは鎌倉時代に建設されたという三門(国宝)の大きさ・・・
2018033123435077a.jpg

(三門とは解脱へ至る3つの境地への入り口である「三解脱門」の略だそうです。門が3つあるということではないのですね。)
五山の禅宗寺院の建造物は基本的に巨大なものが多く、この威圧感は中世ヨーロッパのゴシック建築を彷彿とさせます。
4da089fe.jpg
↑ミラノ大聖堂
Notre_Dame_de_Paris_by_night_time.jpg
↑ノートルダム大聖堂
もちろん建築様式は全く違いますが、宗教的権威によって人間を圧するような雰囲気は似たようなものかな、なんて思いました。
万寿寺
京都五山第5位の寺院ですが、拝観謝絶です。
もともとは東福寺の塔頭(本寺の境内にある小寺)として建立されたそうです。他の五山とは比較にならないくらい小さな規模の寺院です。建造物にも、こんな感じのポリカーボネードの波板
(↓こういう素材)
thQJXOC1SN.jpg
が使用されていたりして、「見せること」を目的としていないためか、本当に質素な感じでした。
門から見た正面奥には洗濯物が干してありました(^^)
ですが、個人的にはとても親しみを感じたお寺です(*^-^*)

泉涌寺
こちらの寺院はご存知でしょうか?
歴史教科書や歴検ではあまりその名を見ない寺院ですが、京都駅のバス停留所では
201804021300029ea - コピー

こんな感じで大きく案内されています。
泉涌寺の起源には諸説ありますが、南宋に渡って経典を持ち帰った僧俊芿(しゅんじょう)が再興したという話は、早稲田か慶應の入試問題で見たことがあります。なので私は禅宗寺院かと思っていたのですが、真言宗(泉涌寺派総本山)寺院なのですね(^^;)
開祖は空海とする説もあります。承久の乱後即位された後堀河天皇によって皇室の祈願寺とされ、江戸時代の後水尾天皇から、幕末の孝明天皇まで歴代天皇が山内に葬られています。泉涌寺はこれらの陵墓に対して香をたき、花を供える役割(こういう寺院を「香華院」というそうです)を果たしており、「御寺」と呼ばれています。
教王護国寺(東寺)
あまりにも有名な、空海さんが嵯峨天皇から賜ったという寺院ですね。
fa509e14.jpg

平安初期に東寺と合わせて朱雀大路の線対称の位置に西寺があったのですが、こちらは13世紀に五重塔が焼失して以来復興はされなかったとのことです。
東寺も西寺同様、一時衰退したものの、平安末期に熊野・高野詣を熱心に行った後白河法皇とその皇女宣陽門院という方が荘園の財政基盤を背景に支援されたことで息を吹き返したそうです。
真言宗寺院であったことが幸いしたということでしょうか。

長くなったので次回に続きます・・・
最終回は今回の話題にちなんだ問題(1級を想定)をご用意いたしますので、ぜひやってみてください(笑)

↓ポチッと押していただければ幸いです。いつもお読みくださり、ありがとうございます!

歴史ランキング
お手数ですが、下の「拍手」ボタンも押していただけるとさらに励みになります。
どうぞよろしくお願いいたします。

【ご案内♪】
歴検を受検予定の方、「合格宣言」してみませんか?
歴検以外の資格試験などを受験予定の方も大歓迎です!
↓詳しくはこちら・・・
合格宣言;2月18日のブログ
スポンサーサイト

コメント

お疲れ様でした

ねこまるさん、こんばんは。
京都旅行は5日間にもわたったのですね。お疲れ様でした。その間に28もの寺社に行かれたのですか!次回以降の旅行記も楽しみにしています。
(29日に行かれた「龍安寺」は世界遺産では。。^^)
それにしても、歴史の知識があると旅行も数倍楽しくなりますね。7月にはローマに行かれるのですか。実は私は8年前にイタリア旅行に行ったことがありましたので(ローマ、ナポリ、ポンペイ、カプリ島)、その旅行記も今から楽しみです。
ところで、私の誕生月は10月です。ということは、ねこまるさんとは学年も同じですね。
お互いに頑張っていきましょうね!

しゅうしゅう様

こんにちは、ねこまるです。
いつもお読みくださりありがとうございます!

> (29日に行かれた「龍安寺」は世界遺産では。。^^)
ご指摘ありがとうございます!m(__)m
早速訂正させていただきました(*^-^*)

> それにしても、歴史の知識があると旅行も数倍楽しくなりますね。

そうですね~。こうした旅行は数年ぶりだったのですが、予想以上に楽しく充実したものになりました(^^)
準備を含めてエネルギーや時間はかかりますが、これからももう少し積極的に行ってみようかなと思いました。

>7月にはローマに行かれるのですか。実は私は8年前にイタリア旅行に行ったことがありましたので(ローマ、ナポリ、ポンペイ、カプリ島)、その旅行記も今から楽しみです。

しゅうしゅうさんもかなりいろいろなところへ出かけてらっしゃるのですね!
私は海外は学生時代の最後に一人でインド旅行をして以来なので、今からドキドキしています(*^-^*)

>お互いに頑張っていきましょうね!
押忍!!(^^)
35歳を過ぎた頃から時間が経つのがドンドン速くなっている気がします。
貴重な時間を大切に使っていきたいですね!

ねこまる

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこまる (tms358)

Author:ねこまる (tms358)
歴史能力検定の日本史1級に8度、世界史1級に5度合格しています(2019年1月現在)。
普段やっていることなどをつらつら書いています。
宜しければ読んでみてください(^^)

本題とは無関係ですが、ねこ、うさぎが好きです。
今はいませんが、いつか
一緒に暮らせたらいいなと思っています。

※画像のうさぎは歴検と何の関係もありません。
 以前一緒に住んでいたうさぎのイメージでございます(スミマセン)

ご来場者数 2018.6.10〜

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。