FC2ブログ

記事一覧

質問コーナー第2弾 勉強法など

いつもお読みくださり、ありがとうございます。

こんにちは。ねこまるです。

今回は歴検に向けた勉強の進め方に関する3つのご質問にお答えします。
(メールフォームから頂戴したご質問については記事に掲載させていただく旨ご承諾をいただいております(^^))


はじめまして。
(中略)
来年から海外勤務が確実なこともあって、自分の国の歴史を勉強し直そうと思い、今年初めて歴史検定なるテストの日本史2級受検を決意しました。
しかし僕は帰国子女として大学に進学したこともあり、いわゆる受験勉強の経験があまりありません。
テストに向けてねこまるさんの勉強のやりかたを参考にさせていただいています。
おたずねしたいことは一つあり、テスト勉強の効率は、朝型と夜型とどちらがよいとねこまるさんはお考えですか?
僕は夜遅くまで起きて、朝は仕事の日以外はお昼近くまで寝てしまいます。
でもテストは午前中とかからあるじゃないですか?
こんな生活をしている僕でも大丈夫なのかなと心配です。
子どもみたいな質問ですみません!

お答えします。

帰国子女様・・・
外国語が全然話せない私としては憧れますね・・・( *´艸`)

あ、スミマセン。本題ですね💦

朝型か夜型かということですが、
dotchi_thema15_result_b.png
私としてはどちらでもよいのではないかと思います。
あくまでご自身が勉強に集中できる時間帯にやることが大切ではないかと考えます。
私自身30代はじめくらいまでは基本的に夜型で、朝早く起きて本を読んだり勉強するということはほとんどありませんでした。
しかしさすがにテストが午前中などにある場合に、寝過ごして受験できなくては意味がありませんので、試験の3日前くらいからはムリヤリ朝早く起きるようにしましたが、そのくらいで問題ないように思います。

このほかにも、試験本番が近づくと、テスト当日は(アタマの回転をアップさせるためにw)糖分を多くとらなければならないのか、とかテスト開始の3時間以上前には起きないとアタマが回らないのかとかよく聞かれますが、これらもあまり気にする必要はないかと思います。
本番ではそれまでに身に付けたことはしっかり結果に反映されます。糖分や起床時間で結果が決まるわけではないと私は考えています。
余談ですが私の知り合いには試験3日前くらいに何かの病気にかかってしまい、テストの当日に点滴を受けながら別室で受験したという人もいますが、それでもしっかり受かっていました。どんな状況でも、実力はきっちり出るものではないでしょうか。
それよりも当日は会場に遅れないよう時間に余裕をもっていくことや、筆記用具に不備はないかとか、受験票の忘れがないかといった基本的なことをしっかりチェックした方がいいと思います。
私は当日消しゴムを忘れてしまい、慌てて近くのコンビニで購入したことがあります。こういうことにならないように気をつけてくださいね(^^)


詳説世界史を通読されているようですが、
通史を参考書、教科書で通読する場合、
どのくらいのスピードでやっていますか?

読んだものは完璧に覚える感覚?とりあえず流して通読?

自分も通読する参考書(大学受験用のマンガですが)を使っていますが、試験で狙われる場所を意識しながら、覚えようとするため、精読という風になってますね。だからスピードは遅くなってしまいますね。

お答えします。
私の場合、『詳説世界史研究』(山川出版社)の通読は1日10ページが目安です。
これは日本史も同様です。
読めるものなら20ページでも30ページでも読めればいいのですが、私がこの教材を10ページ読むにはおよそ1時間かかります・・・(-.-)
ええ・・・集中力が切れるのです。

一度読んだだけで当然覚えきれるものではなく、検定本番までに何度か繰り返し読みます。
ですが読んでいく途中途中で、よくわからない部分や興味のわいた人物などはwikipediaや「世界史の窓」などネット上で調べます。ネット上の情報は質的に問題があるかもしれませんが、世界史の場合、山川や三省堂の用語集には載っていない用語がとても多いので、基本的に用語集は持ち歩いていません。
(日本史の場合は山川の用語集でたいてい解決できるので、勉強するときは持っていきます。)
こうして調べた情報もすぐに忘れてしまうのですが、繰り返し読んでいくと何となくイメージが残ったりします。
できるだけ読んだところは覚えていきたいのでじっくりと読みたいところですが、時間的制約もあるので質問者さんの「完璧に覚える感覚?とりあえず流して通読?」というところには「どちらもです」という感じです。
特に『詳説世界史研究』は昨年改訂されたものを今年から読み始めていますので、本番までに3回は読む予定です。

過去記事にもこの教材については取り組み方などを書いていますので、
参考にしていただければ幸いです(^^)
1月28日の記事「こんなことやってます」


はじめまして。〇〇と申します。

私は3年前(2015年)に日本史2級を取り、今年初めて日本史1級に挑戦しようと思っています。
1級はネットなどを見て勉強方法などを考えたこともあるのですが、どういう勉強をすればよいかというところがわからず、そのまま3年がたってしまいましたが、ねこまるさんのブログを見つけてかなり具体的にやるべきことがわかりました。ありがとうございます。
『詳説日本史研究』も買いました。
ところがいざ勉強しようと思ってもまだ検定本試まで時間があるせいか、なかなか本腰が入りません。
ねこまるさんは 勉強開始から3カ月くらいで1回目の日本史1級に合格されたそうですね。さすがにそこまで短期間での合格は私には無理だと思うのですが、5カ月前くらい(7月くらい?)になってからでも大丈夫でしょうか。
アドバイスいただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

お答えします。
質問者さんはすでに2級を取得されているとのことで、『詳説日本史研究』もどんどん読んでいけると思います。

「いつから勉強を始めるべきか」ということですが、これはご自身で「そろそろやらないとヤバいかな」と思った時だと思います(笑)

こういうテスト勉強では、
「勉強のやり方(スキル)」<「教材」<「モチベーション(気合w)」
の順で重要だと思います。一番大事なのは気合だと思います
合格しようという、ある程度強いモチベーションがないと、ほぼ間違いなく途中でイヤになります。
受検自体をやめてしまう方もたくさん見てきました。
あとは検定当日までに、どのくらいのことをやる必要があり、そのためにはどのくらいの時間が必要か、というのを大ざっぱにでも検討してみることです。勉強のスケジュールを立ててみるのです。
ちょっと考えてみましょう(^^)

検定当日までに今日(6月8日)から『詳説日本史研究』を3回繰り返して読むとしますと、1日10ページずつ読んで1回読み終わるまでにおよそ54日かかります(『詳説』の最新版は534ページあります)。
これを3回繰り返すと164日かかります。約5カ月と2週間です。
6月8日現在から数えると、読み終わるのは検定当日まで残りほぼ1週間という時期になります。
このほかにも、過去問やアウトプット用の問題集もやるとなると、時間はありそうであまりないことに気づきます
プレッシャーをかけようというようなつもりは毛頭ございません(^^;)。)
時間はたくさんあるようでも、意外とすぐにたってしまうものです。
1日にできることも、思ったほど多くないと思います。

まずは合格に向けてやる内容を決め、本番から逆算してどのくらいの時間が必要かを考えてみることをおススメします。
それに合わせて始めれば8月からでも9月からでも問題ないと思いますよ(^^)

参考になれば幸いです。


【ご案内♪】
歴検を受検予定の方、「合格宣言」してみませんか?
歴検以外の資格試験などを受験予定の方も大歓迎です!
↓詳しくはこちら・・・
合格宣言;2月18日のブログ
スポンサーサイト

コメント

通史の精読方法についてのご回答ありがとうございます。

教科書を読んでるだけだと、ねこまるさんレベルの方でも集中力切れてくるもんなんですね....。

高校生だとなおさらですよね。自分の記事では、問題集中心の勉強方法をすすめています。

一時代の通史の読み込んだら、その範囲をすぐ問題演習。ある程度したら参考書よりも問題集を中心に覚えていくやり方です。これは新指導要領に移行してもベースの考え方は同じだと思います。


https://topicsfaro.com/series/wh
受験に勝つ 世界史の勉強法

基本的に高校生向けの世界史勉強方法の記事ですが、大学生、大人が向けの記事も執筆していく予定です。宣伝のようになり恐縮ですが、よければ、ご拝読いただければ幸いです。

世の中の歴史の勉強を盛り上げていければと思います。

HIRO様

コメントありがとうございます。
HIROさんの記事も読ませていただいてます。
歴史で受験する学生にたくさん読んでほしいと思います。
私は学生時代、受験に日本史、世界史両方使えるというありがたい状況だったのですが、世界史を選択して正解でした。
「日本史は最初はとっつきやすいが難関で高得点を取るのはとても難しい」というHIROさんのご意見は、受験生時代同じことを自分も思ったなあと、とても懐かしい気持ちになりました(^^)
意外と世界史の方が得点しやすいんですよね。
センター試験から難関私大まで、平均点を比較してもたいてい世界史の方が高いですしね。
日本史はエリアが狭い分、果てしなく細かいことを聞かれたりしますからね…。

ところで受検者が減っている歴史検定も存続を心配する声も聞きますが、少なくとも存在するうちは(笑)、十分活用させていただこうと思います(^^)

ねこまる

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ねこまる (tms358)

Author:ねこまる (tms358)
歴史能力検定の日本史1級に8度、世界史1級に4度合格しています(2018年1月現在)。
普段やっていることなどをつらつら書いています。
宜しければ読んでみてください(^^)

本題とは無関係ですが、ねこ、うさぎが好きです。
今はいませんが、いつか
一緒に暮らせたらいいなと思っています。

※画像のうさぎは歴検と何の関係もありません。
 以前一緒に住んでいたうさぎのイメージでございます(スミマセン)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者数 2018.6.10〜